前へ
次へ

子供への英語教育は早い方がいいのか

語学、特に英語に関しての教育については様々な意見があります。早期に英語を勉強することにより、上達するスピードが格段に違うという噂が広まり、年々、英語を勉強させるタイミングが早まっている気がします。 ただ、本当にそれは正しいのでしょうか。おそらく、英語を早期に勉強させている親は将来、東大京大などのいい大学に入れたいから早めに取り組んだ方が絶対にいいと思って勉強させていると思いますが、ある調査報告によると、東大に合格している人の大半が英語の早期からの勉強は否定しているだけでなく、むしろ、日本語の勉強を削ってまで英語の勉強をすることは受験においては逆効果だとも言っています。その考え方については私も同感です。もちろん、英語の勉強は今後のグローバル社会においては必要不可欠でありますが、それは日本語がある程度出来た上での話だと思います。英語は小学校で学び始めたタイミングからしっかり勉強すれば、十分に受験に対応できる英語力は身につきます。日本語は私たちが知っている以上に奥深いものがありますし、日本語を正しく理解することによって受験を優位に進められることもあると思いますので、まずは英語よりも日本語に重きを置いて勉強してもらいたいものです。

Page Top