前へ
次へ

謙譲表現などを身につけることも大切

おもてなしの言葉から、最近では表現力を伸ばすために、語学講座が幅広い年代で人気です。特に、社会人においてはスキルアップを図る意味も含め、自らの意思で教育を受けています。ホテルマンなど、接客などを行うサービス業に務める場合には、間接表現や謙譲表現などは必要とするようです。今や、日本人も外国人もホテルを利用する割合は高く、語学教育は必須です。言い過ぎると品がなくなり、間接表現で品を出し、トラブルを回避しています。例えば、外国人の表現も改められ、留学生も外の人というイメージが強く、国際的という表現を使うようになりました。人種や肌の色についても触れない、間接表現を使うことがトラブルを防ぐようです。人を模写するならば、白人などではなく、髪型や服装などの特徴で示しましょう。また、謙譲表現では、大統領でさえも「驚きと同時に謙虚に受け止めている」などの謙虚な言い方をされています。日本語よりも、はっきりと思いを伝えることが多い世界共通語の英語、ですが自慢に繋がるような表現は、悪い印象を与え兼ねないのも事実です。褒められたら、変に謙遜せずにありがとうと言い、素直に褒め言葉に応じることもホテル業界の教育者は伝えています。ホテルを褒められたら、「ありがとうございます、設備については一流ホテルにはかないませんが、私たちのニーズには十分です」などと言った方が相手も心地よく感じるようです。

Page Top