前へ
次へ

大人になってからも能力は伸びる

子供は6歳まで特別に覚えようとしなくても自然にいろいろな事を吸収していきます。これは右脳で物事を理解しているからで、感性能やイメージ脳といわれる右脳を使う事で、楽に物事を吸収していく事が出来ます。6歳以降になると左脳を使うようになりこの能力が衰えてしまいます。幼少期に語学を覚えるといいのは、感覚で言葉を覚えるからで、日本人が日本語を覚えようとして覚えているわけではない事と共通しています。ではおとなは右脳を使って物事を考えていく事が出来ないのかというとそんな事はありません。右脳を働かせるには、リラックスしている状態になっている事が重要です。大人は様々なストレスに悩まされている場合が多く、脳が緊張している事が多いのです。脳をリラックスさせて右脳を働かせる事が出来るような勉強方法が、様々な教育者から発表されていて書籍やDVDなどで売られています。右脳の開発は仕事にもいい影響を与えるので、社員教育として取り入れる場合もあります。

Page Top