前へ
次へ

世界の最先端教育はどうなっているのか

世界の最先端教育は日本人が考えるよりもっと先に進んでいるといえるかもしれません。義務教育を受ける人がほぼ100パーセントで識字率も高い日本は国民全体の平均値は高いといえますが、飛び抜けてすごい人材をつくりにくい教育環境かもしれません。最先端の教育を義務教育から行っている国は英語をほぼマスターします。通常は行われないコードライティングやロボット作りや3Dプリントを学ぶ学校もあります。日本なら大学や専門のコースに進んだ場合に受けるような授業です。一般的に教育はテストの点数を上げるためや、一流大学に入るための勉強になります。しかし最先端教育では一芸に秀でている人間を育成する傾向が強くなっています。テストでいい点数を取る事はもちろん悪い事では無いのですが、点数が悪い子供には何も満足感を得られない人生になってしまう可能性もあります。これをアメリカでは失われた機会といって問題視するようになり、自分が夢中になれるものに取り組む教育を取り入れるようになりました。夢中になれるものなら責任感や柔軟性や自制心など、数値化出来ない物を自然に学ぶ事が出来ます。好きな事を学ぶ事で子供の能力を伸ばすのが世界の最先端教育です。

Page Top